プロキオン

プロキオンは高血圧でも飲んで大丈夫か検証?

  • プロキオンを飲んでみたいが高血圧なので心配
  • 精力サプリと高血圧の相性は大丈夫か

私も高血圧で上記のようなことが気になっていたので気持ちが良く分かります。先に結論をお伝えしますと、プロキオンはバイアグラのような強制的な勃起薬ではないので降圧剤と一緒に飲んでも大丈夫です。ここでは、高血圧の人がプロキオンを飲む場合について記載していきたいと思います。

降圧剤を飲むと精力が下がる?

高血圧はさまざまなカラダへの悪影響があるのでそのまま放置すると命に関わることがあると知られています。

高血圧で悩んでいて医療機関に相談している方は降圧剤が処方されていることが多いです。

降圧剤は高血圧に効き目がありますが、副作用があると言われています。それが精力、勃起力の低下です。

世代のためか、私の周りでも高血圧で悩む方が多いですが、やはり降圧剤を飲み始めてから精力減退、ED気味になってしまったという声をよく聞きます。

そこで私もそうでしたが、降圧剤を飲みながら、バイアグラのような強制勃起薬や精力サプリを併用してなんとか副作用を解消しようと考える方が多いようです。

バイアグラと降圧剤の併用は危険?

高血圧の場合、バイアグラの服用は医師の指示を受けることが必要となります。

血圧の上が90mmHg以下の低血圧の人や、治療による管理が行われていない高血圧の人で血圧の上が170mmHg以上、下が100mmHg以上の場合、バイアグラは処方されないことになっています。

バイアグラは強制的に海綿体に血を集めることにより強制的に勃起機能を引き起こすこととになります。結果として血圧が下がります。

高血圧の方に処方される降圧剤も同様に血圧を下げる作用がありますので、バイアグラ、降圧剤を併用すると血圧を下げすぎてしまう危険性が出てくることになります。

立ち眩み、ふらつきといった低血圧の症状が出る可能性があります。

プロキオンと降圧剤の併用は問題ない?

プロキオンの主な有効成分は、ニンニクから抽出した自然成分であるオキソアミヂンです。

オキソアミヂンの効果は以下のとおり

ニンニク特有 のニオイが抑えてあります。ビタミン類の吸収促進作用や血流促進作用に効果を発揮します。体内でのエネルギー産生を助け、眼精疲労、 肩こり、精力回復などに効果を発揮します。

プロキオンは指定医薬部外品ではありますが、バイアグラのような医薬品ではありません。強制的に勃起作用を引き起こすような即効性のある効果をもたらすものではありませんし、降圧作用があるものでもありません。

医師への相談は必要だと感じますが、基本的にプロキオンと降圧剤の併用は問題ないといえるでしょう。

プロキオンは継続してカラダへの活力要素を取り込んでいき、じわじわと勃起機能を強めていくものです。